解璞


性别:


出生年月:1982年08月


职称:助理教授


导师类别:硕士研究生导师


联系方式:xiepuxp@pku.edu.cn


教育背景:

日本早稻田大学文学研究科,文学博士


任职简历:

2014.9至今, 北京大学外国语学院日语系助理教授


研究领域和方向:

日本近代文学、中日比较文学。


获奖情况:

2018年度北京大学桐山教育基金研究资助。


代表性成果:

译著:

寺田寅彦著:《花物语》,清华大学出版社,2019年3月。

 

学术论文:

1.《亚瑟王传奇与夏目漱石的《薤露行》》,《日本语言文化研究》第12辑,学苑出版社,2019年9月。

2.《夏目漱石《草枕》的叙事艺术》,《外国文学》2018年第5期,2018年11月。

3.《夏目漱石初期作品中的镜子意象》,《东方研究》,阳光出版社,2018年近刊。

4.《试论芥川龙之介《地狱变》的小说结构》,《日本语言文化研究》第11辑,学苑出版社,2017年10月。

5.「「小鳥の交響楽」と異民族の言葉——火野葦平『異民族』試論」,『文藝と批評』第12巻5号,2017年5月。

6.「夏目漱石文学最初の中国語訳について——魯迅訳「懸物」の本文を中心に」,『文藝と批評』第12巻1号,2015年5月。

7.「『明暗』における鏡の表象について——夏目漱石と「新ロマンチシズム」」,《日本语言文化研究》第10辑,学苑出版社,2014年7月。

8.「『門』における宗助の言語活動——参禅の意味を問い直す」,『文藝と批評』第107号,2013年5月。

9.「二つの顔と鏡——夏目漱石『木屑録』と『倫敦消息』」(『国文学研究』第167号 2012年6月)

10.「『夢十夜』の「第八夜」における鏡と夢——『鏡の国のアリス』との比較を通して」(『文藝と批評』第102号 2010年11月)

11.「『草枕』の「ユートピア」と一人称——語り手の機能について」(国文学研究資料館『第33回国際日本文学研究集会会議録』 2010年4月)

12.「「薤露」から『薤露行』へ——夏目漱石における詩と散文」(『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第55集 2010年4月)

13.「鏡と時間——夏目漱石『薤露行』の第二章を中心に」(『文藝と批評』第99号 2009年5月)


主要科研项目:

承担国家社科基金青年项目(外国文学16CWW008)“日本近代象征派文学的研究”


学术团体和社会兼职:

日本近代文学会、国文学会、文艺与批评会、关口国际研究会成员


讲授课程:

基础日语、高年级日语、日语会话、日语视听说等


国际学术交流活动:

1.解璞「中国現代小品文学と明治文学――水野葉舟『響』を中心に」,“东亚知识的交流――越境、记忆、共存”国际研讨会,2016 年 5 月 21 日,于中国台湾文藻外语大学。

2.解璞「鏡としての語り手――夏目漱石『草枕』論」,第三届亚洲未来会议,2016 年09 月 29 日-10 月 3 日,于日本北九州市立大学。

3.解璞「鏡の幻惑と生の実感――夏目漱石『草枕』と『夢十夜』を中心に」,中国人民大学、北京大学、筑波大学日本言語文学共同シンポジウム,2016 年 12 月 10 日,于中国人民大学。